女性特有のがん

女性

増加傾向にあります

女性がかかる大きな病気の一つに乳がんがあります。乳がんは乳房の乳腺や乳管などにできる悪性の腫瘍です。日本人女性の患者数も増えてきており、14人にひとりの割合で発症する可能性があります。主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)であるとされ、初潮が早い・閉経が遅いなどエストロゲンにさらされる期間が長いほどかかりやすいとされています。それ以外にも発症を高める要因として高脂肪や喫煙なども影響を与えます。乳がんの症状は、乳房のしこりや皮膚の変化、乳房周辺のリンパ節の腫れなどです。これらの症状に気を付けることによって、乳がん検診だけでなく自分で発見することが出来ます。日本のおいては40代後半から発症する人が多いですが、最近では20代・30代でもみられるため誰にでも起こり得るものです。

早期発見が非常に有効です

乳がんの発症件数は高いですが、死亡率は他のがんに比べて高くはありません。特に早期治療が有効な病気であり、しこりを切除するだけの手術で治療することが出来ます。逆に発見が遅れることにより、場合によっては乳房のすべてを切除すなければいけなくなることもあります。また、がん細胞が他の部位にも転移する可能性も秘めています。術後においては放射線や薬物療法による治療が行われます。薬物療法にはいろいろあり、ホルモン療法や化学療法といったものが一般的です。薬物治療によって全身にこぼれおちてしまった可能性のあるがん細胞を治療したり、再発の予防になります。乳がんに対処するには定期的な検診やセルフチェックが有効です。怪しいと感じたらすぐに診察を受けましょう。